全国一律
宅急便 680円、 ネコポス 400円、 メール便 200円

工夫を助ける

えらんで きめて つたえるゲーム「すきなのどっち?」
えらんで きめて つたえるゲーム「すきなのどっち?」
自分の「好き」を伝えよう 相手の「好き」を聞いてみよう 「すきなのどっち?」は、 筑波大学附属大塚特別支援学校の佐藤義竹先生が手作りしていた教材を商品化したものです。 特別支援学校の教材の多くは、障害のあるなしにかかわらず楽しみながら学べます。 このことはあまり知られていません。 えらんで、きめて、つたえるゲーム「すきなのどっち?」は、「自分で選び(自己選択)」、「自分で決める(自己決定)」、「自分の思いを伝える(意思表明)」ことを大切にするゲームです。 3歳の子でもイメージできるように作りました。 3歳以上であれば、障害のある子もない子も、子どもも大人も一緒に楽しめます。 自分で選び、決めて、それを伝えることの楽しさをゲームを通して体験してください。 自分の好きなことに気づいたり、確かめたりすることを通して、自分自身の理解を深めることもできます。 ●どんなゲームなの?● ●質問カードを引きます。 ●カードに描かれたうちの、どっちがすきかを答えます。 伝え方は、人それぞれ。ことばで伝える、指をさして伝える、視線を向けて伝える、どのような方法でもかまいません。 ●どうして、好きなのかを答えます。 どうして好きなのか、選んだ理由を答えてみましょう。 自分のことを考えるきっかけになるかもしれません。 でもムリに答える必要はありません。 ●「どっちもすき」「どっちもすきじゃない」「わからない」としたら。。。 「いまの気分だったら、どっち?」「どちらかといえば、どっち」と考えてみてください。 ●でも、ムリに答えなくてもいいんです。 答えられそうもないときは「パス!」と言いましょう。 <商品仕様> ●サイズ カード:縦86mm×横108mm ●セット内容 質問カード47枚 説明書:1枚 ●対象年齢 3歳〜 ●日本製 (文章・写真 提供:株式会社tobiracoより)
¥2,750
みのりの森
〒604-8485 京都府京都市中京区西ノ京平町29番地
TEL: 075-432-8746
FAX: 075-432-8746
E-mail:info@minorinomori.co.jp